So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

イタリアンで誕生祝い [東京]

母が東京に遊びに来た 2 日目の夜は、近所のイタリアンでディナーです。
此処で、母の誕生祝いをするのですー^^

おめでとう

前から気になっていたお店なんだー。初めて入ったのですが、落ち着いた雰囲気のお店で期待大だよ。

どきどき

ワインリストと睨めっこの相方君(笑)
価格帯で分かれていたので、お財布と相談しながら考えるよw

どんなのがあるかな

まずはスプマンテのロゼを貰って乾杯。
母上、誕生日おめでとうー。

しゅわしゅわ

コロル2世からもお祝いだね^^

おめでとう

何せ初めてのお店なので、料理の量も分からない。
ワインは 2 本飲むつもりでいますと伝えると、そしたらパスタは 2 皿ではなく 1 皿にして、前菜を増やしたほうが良いでしょうと、いろいろ相談に乗ってくれて、一品目はコチラ。

わお!

20ヶ月熟成のパルマ産生ハムです。会津若松のイタリアンと同じでイチゴが付いてる~。そして今回はミカンも付いてるよ!

これはやっぱり、全部一緒に食べるべきでしょう。

わーい

ミカンを多く口に入れてしまうと、ハムよりもミカンの味が勝っちゃうかな。ミカンは少なめにして美味しくいただくわ~♪
ワインは白をもらいましょう。

どーん

Greco Di Tufo Vigna Cicogna というワインです。イタリアワインは殆ど知らないので、お店の人に特徴を聞いて、このワインはミネラル感がありますと言われたので選んだのでした^^

おいしい

ミネラルたっぷりのリースリングに近くて馴染みのあるワイン。
品種はグレコって言うんだって。鮮魚のカルパッチョにかかっている岩塩と、ワインのミネラル感が見事にマッチして美味しかったー!

すばらしい!

ワインもどんどん進んじゃうねー。
コロル2世も楽しそうでしょ。

ほかほかパン

特製のバーニャカウダを持ってきてくれたとき、シェフが 「今日は大きなアスパラが入ったんですよ」 と言ったので、「どこ産のアスパラですか?」 って聞いたら 「北海道です」 って(笑)

わーい

「母も昨日、北海道から来たんですよー」 って、そんな話で盛り上がりました。

白ワインが空になり、お次は赤を貰います。
Pinot Noir Riserva Montigle ですよ。昔はタンニンがガツン!の赤が好きだったけど、最近はまろやかな赤が好きになってきてるなあ。

うふふ

わいわい喋っていると、シェフが 1 皿サービスしてくれました!
今日、北海道から入ったホッキ貝なんですよ。ぜひどうぞって^^

うれしい!

なんと!
初めてのお店なのに、こんな嬉しいことしてくれちゃって♪
母も大喜びですよ。このお店、通わなくちゃだねww

ありがとうー!

パスタは蟹のトマトソースをいただきました。
蟹がたっぷり入っていて、クリーミーで美味しかったよぉ!

すてきすぎます

この頃には赤ワインもカラになってしまったよ・・・
ボトルを入れるには量が多いから・・・グラスで貰っちゃおう♪

えへw

お店の人がオススメのワインをグラスでいただきました。
重厚なタイプで、〆のワインには良い感じ^m^

メインは、総州古白鶏モモ肉のディアボラです。
千葉県の銘柄鶏なんだねー。初めて聞いたよ。

激うま

もうね、美味しいに決まってるよー。
皮はパリパリ香ばしいし、お肉はほどよい弾力があって、それでいてジューシー。大満足です。

母も、どの料理もそしてワインも美味しいと堪能していました。

母は札幌の友達とランチをしたとき、最後の晩餐は何にするかって話題になって、何がいいか決められなかったそうな。そんなに料理を知ってるわけじゃないし・・・って。でも、今回一緒に食べていて、「最後の晩餐は、あんたたちに連れて行って貰うお店で食べる!それが一番美味しい!」 と言ってました(笑)

満足して貰えて良かったです。
翌日、母は札幌に帰っていきました^^

また来てねー

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

泉岳寺でお墓参り [東京]

泉岳寺の駅に降り立つと、時間はちょうどお昼でした。
駅前にある「らーめん徳」というお店に入ってみたよ。

徳・塩そば、800円なり。
透明で綺麗なスープでした。母は、札幌だといつも縮れ麺のラーメンなので、ストレート麺が新鮮だ~と言っておりました。

ぺろり

カウンターには青山椒があって、好きなだけかけて良いみたいね。

うふふ

山椒好きとしては、たっぷりかけていただきます。うまかったー!
舌がびりびり痺れたー ^m^

満足!

さて、泉岳寺へ行きますよ。
曹洞宗の寺院です。母方の家は曹洞宗なんだよねー。泉岳寺に来るのは初めてとのことで、嬉しそう。

パチリ

大石内蔵助吉雄の銅像前でもパチリしておこう。

歴史の世界

落ち着いた雰囲気です。
1612年に外桜田に創立した寺院ですが、寛永の大火によって焼失したので、この場所に移転してきたのでした。

泉岳寺

私と相方君は 5~6 年ぶりかなあ?

お久しぶり

本堂でおまいりしたあとは、赤穂義士墓地へ向かいます。
コロル2世、水琴窟で赤穂義士の魂を鎮めますよ。

いい音です

人はあまり居ませんでした。
相方君の祖先、じつは赤穂義士の一人なんです。
「えー!全然知らなかった!」と母。

びっくりでしょ

相方君、お線香をすべてご先祖様に供えますよ。

安らかに

今日は此処がお線香一番多いね。滅多に来ないので大量に(笑)
わたしも手を合わせてきました。

がっつり

静かな空間です。
数人の人たちが、赤穂義士それぞれのお墓に少しずつお線香を供えてました。

うちはやりすぎw

お参りをしたあとは、曇り空だった空が青空に変わりました。
気持ちよいね。

気温もあったかくなる

ポカポカした気分で泉岳寺をあとにしました。

綺麗な空

都営浅草線に乗って浅草まで行き、そこでちょっと買い物をしてから自宅に帰りました。この日も暖かかったので、家の前にある桜がいっきに咲いていたよ(笑)

きれい

春に母が来て、いろいろなところに花を見に連れて行くけど、じつは家の前にある公園で見る花が一番綺麗だったりします。ツツジの季節もww

きれいだね

家に帰って休憩。うみの検査結果を聞いてから夜ご飯に繰り出します。
その様子は次回^^

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

池上梅園に行ってみた [東京]

母が東京に遊びに来て二日目の朝。
あおはハンモックの上からおはよう。

ぐっもーにん

うみは、クネクネころころでおはよう。

いつもの通り

さてさて。この日は池上梅園に来てみました。
わたしも初めてなので、どんな感じのトコロかドキドキ。大田区の西馬込にあります。

100円

早咲きの梅は終わっていて、遅咲きの梅はまだ咲き始めだったか?
ちょっと残念な色になってます^^;

わー、残念

それでも雪の札幌に比べたら・・・少しは春を感じられるだろうか?(笑)

あちゃーw

コロル2世もパチリとしておこうね。

おはよう

園内はさほど広くはなかったです。階段をのぼって、上からの景色を眺めるのですが・・・満開ではなくて寂しい感じでした(笑)

残念だ〜

そういうときは花のアップを撮るに限る!(笑)

ぱちり

ぱちり

せっかくなので、池上本門寺にも行ってみました。
昔々、大田区に住んでいたけどこの界隈に来たことはなかったなあ〜。

大きいお寺

日蓮聖人入滅の霊場。ご挨拶だけしてきました。
鬼瓦が立派だったよ!!

いい顔

池上本門寺の駐車場に停まっていたタクシーに乗って西馬込駅まで。
そこから都営浅草線に乗って、泉岳寺まで出ることにしました。
母は泉岳寺に行ったことがないんだって。
ここは赤穂義士たちのお墓があるから、お参りしていこうかね^^

つづく。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

It's a Sony 展 [東京]

迎賓館をあとにして、ランチにします。
母に何が食べたいか聞くと、肉か蕎麦!と即答(笑)

Vimon

蕎麦なら京橋。でも今居るのは四谷だから東京駅の方が出やすいなあ・・・というわけで、東京駅八重洲北口からすぐの、キッチンストリート内にある「ビモン」でハンバーグを食べます♪
此処のお店、ハンバーグがめちゃめちゃ美味しいですよ^^

喉が渇いていたので、とりあえずビール(笑)

ぐびぐび

ランチメニューはお得です^^
すねバーグと、とろバーグをそれぞれ貰いました。久しぶりに食べたわ〜。

ぺろり

ランチの後は東京駅からタクシーでソニービルまで行きました。
4月から解体されるソニービル。最後に見ておこうと思ってネ。

ばいばい

銀座なんて何十年ぶりだろう!と母。当然昔のソニービルしか知らないって(笑)
現在は、It's a Sony 展を開催してます。残念ながら昔のソニー製品の展示は終わっていたわ^^;

失敗した

ビルが解体された後はこんな公園になるみたいです。
銀座の雰囲気が変わるだろうねー。

こんなかんじ

建物内は、ウォールアートが描かれていました。
記念にパチリ。

おすまし

2018年の夏、公園になったらまた来ようね。

楽しみだね

ビルが建てられて50年が経っていたんだねえ。
記念にコメントを壁に貼ってきたよ。猫のイラスト付きでw

ぺたり

さすがに足も疲れてきたので、家の近くまで帰ろうかね〜〜。
はい、上野まで戻ってきました^^
上野公園の五條天神社にご挨拶。ここの神社には母が元気になりますようにってお願いしてあったからネ。母もお礼を言ってましたわ。

ありがとう

しだれ梅が綺麗に咲いていました。

ぴんく

上野駅から電車に乗って帰宅。
母からオヤツをもらうあお&うみです。

ほしいほしい!

このあとは家でのんびりして、一日目が終了しました。
翌日は梅を観に出かけますよ。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

迎賓館赤坂離宮を見学 [東京]

去年は転んで骨折。3月から7月まで入院してしまった母ですが、今年はちゃんと東京に遊びに来ることが出来ました。
10時半頃、浜松町のホームで待ち合わせをして、四谷まで行きました。

じゃじゃーん!

迎賓館赤坂離宮。この日は一般公開をしていたのです^^
入館料1000円。手荷物検査も受けて敷地内に入りました。

ゴージャス!

明治42年に完成した、日本で唯一のネオバロック様式の西洋風宮殿建築なんだとか。昭和天皇や今上天皇が一時期住んだ以外、あまり使用されなかったそうな。その後、外国の賓客を迎えるために改修工事をして今に至るんだそうです。

コロル2世も賓客として中に入ろう!(笑)

おじゃましますー

館内は撮影禁止だったので、パンフレットの写真をパチリ。
美の巨人たちで、確かこの花鳥の間は紹介されていた気がします。七宝焼きが本当に美しいの。無線七宝の濤川惣助が焼いた七宝焼き^^

うれしい!

実際に観ることが出来て感激!
思っていたよりもこぢんまりとした雰囲気を受けたけど、天井が高くて品のあるお部屋でした。首脳会議などで使われる部屋なんだね。

羽衣の間は、レセプションや会議場として使用されるお部屋。晩餐会の招待客に食前酒や食後酒が供される場所だそうです。

美しい

鏡の配置で、部屋がとっても広く見えます。
彩鸞の間には 10 枚の大きな鏡があって、これまたゴージャスでした。

すごいね

此処は条約・協定の調印式や国・公賓とのテレビインタビューに使用される間なんだって。確かに映像で見たことがあるかもー。これからは、「あ!彩鸞の間だ!」ってテレビで観ても分かるかも(笑)

他にも朝日の間というのがあったのですが、こちらは改修工事のため入れませんでした。館内で目の保養をして、お庭も散策しますよー。

パチリ

噴水の前では、母親をパチリ。

元気になって良かった

iPhone のカメラでは、水しぶきはイマイチかな?(笑)
それともわたしの腕の問題か?w

ちょっとうるさいかんじね

迎賓館、見学できて良かったな^^

たのしかった

最後は正面の門を撮って・・・

良い雰囲気

こうしてみると日本じゃないみたい!!
コロル2世、外国に来たみたいに見えるよねw

ぼんじゅーる

美しい門でした。

楽しかった

お腹も空いたので、ランチを食べに行きましょうかネ。

つづく。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

番外編:あおうみのお留守番 [福島]

今日は私たちが会津若松に行ってる間のあお&うみをお届けしますw
あおくんの語りでスタート!

******
おかーちゃんたちが、いつもと違うカバンを用意してたから、また出かけるんだなってボクは分かったんだ。でも小さいカバンだったから、そんなに長く家を空けないとは思ったんだけど・・・

01.jpg

なんとなく嫌な予感がしたんだにゃ。
でもボクは「行かないで」なんて野暮なことは言わないニャ。

02.jpg

クールに、おとーちゃんとおかーちゃんを送り出したにゃ。
空気を読めないうみは、何も考えてなかったみたいだけどね。

03.jpg

とりあえず寝よう。うみは赤い小さいタワーで寝てるよ。

04.jpg

東京は暖かいから、ぬくぬく寝るにゃー。

05.jpg

うみも気持ちよさそうに寝てたニャンよ。

06.jpg

日が暮れて、ボクは目が覚めたよ。
普通ならそろそろおかーちゃんたちが帰ってくるハズにゃんだけど・・・

07.jpg

ボクの予感は当たったらしい。

08.jpg

なんかトラブルでも起こったニャ?
ボクの心配をよそに、うみは・・・

09.jpg

おかーちゃんたちじゃなくて、ゴハンの心配なのか?うみ!
ボクはゴハンの心配なんてしないにゃ。なぜなら・・・

10.jpg

お皿に残っているカリカリはボクが食べるんだニャ!
うみになんてあげないにゃ!

11.jpg

夜中・・・いつもならおかーちゃんを起こして甘えるんだけど
ソレが出来ないから退屈にゃ。

12.jpg

夜が明けたけど、おかーちゃんたちは帰ってこなかったニャ。
でもね、朝の9時半に鍵が開く音が聞こえて 「ただいまー」 って言うおかーちゃんの声が聞こえたニャ!

13.jpg

「ごめんね!お腹空いたでしょうー」 ってすぐにゴハンの用意をしてくれるおかーちゃん。でもね、ボクは普通に食べてたから、ゴハンはいらないにゃ!
それよりもギューって抱っこしてにゃ!!

うみは腹ぺこだったみたいで、凄い勢いでゴハンを食べていたよ。

14.jpg

この日はみんにゃでダラダラして過ごしたニャー。
お風呂ももちろん一緒に入ったニャン。

15.jpg

そんな感じでボクたちのお留守番話は終わりにゃ。
読んでくれてありがとうにゃ。

16.jpg

おかーちゃんたちが帰ってくるってボクは信じていたニャ!!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

まさかの郡山一泊 [福島]

リストランテルーチェでイタリアンを堪能し、ほろ酔い気分でタクシーで会津若松駅へ。郡山行きの列車はもうホームに停まっていたので乗り込みました。

これです

列車は 21 時頃に発車予定。まだ少し時間があったのでお茶を買ったり写真を撮ったりしていたら、車内放送が流れました。どうやら大雪の影響で、この先の区間で除雪作業をしなくちゃいけないとか。詳しいことが分かり次第お知らせしますとのこと。

がーん!
どのくらい遅れるんだろうね・・・とざわざわし出す車内。
そのあと駅員さんが来て、乗客に目的地がどこか確認を始めます。私たちと同じく郡山から新幹線で東京まで帰る人が何人か居ました。

悲しい

ひたすら出発を待ちますが、動く気配はなし。
車内放送では、これから除雪員が現地に向かうという連絡が入りましたとか言ってるの。これじゃ郡山発の新幹線には間に合わないね、と相方君と話してました。

じつは、日帰り旅行では普段持ってこないものをこの日は持ってきていたんです。そこまで意識してたわけじゃないけど、どこかで思っていたのかな。
コンタクトケースもあるし、顔に塗るクリームも持ってきたし、相方君はスマホのバッテリーの他に、AC アダプタの充電器も持ってきてました。翌日は日曜日だし、これだけあれば一泊しても怖くないのだ。

会津若松で一泊しようかって言って、相方君は会津若松駅周辺のホテルを調べ始めます。でもね何処のホテルも満室でした。うーむ、、、このまま車内で過ごすのか?それはイヤだなあ。

しばらくするとまた駅員さんが来て、「郡山までの代行バスの用意が出来ました。郡山まで行かれるお客様どうぞー」って。駅員さんに案内されて代行のマイクロバスに乗り込むと、席が足りないのw
「このバスは郡山直通ですよー。先ほど違う目的地を言った人は乗れませんよー」って係の人が言うけど、名乗り出る人は居ません(笑)
結局、もっと大きなバスが準備され、郡山に向けてバスは出発しました。


※ 時間がある人はマイクロバスに乗り込む様子をどうぞ。声入ってます^^;

バスの中で郡山駅周辺のホテルを調べる相方君。
「ビジネスホテルでも我慢するんだよ」と言われてうなずく私。この際仕方ない!(笑)
時計を見ると、乗るはずだった新幹線が出発する時間は過ぎてました。あおうみ、ごめんねー。明日の朝帰ったらゴハンあげるから我慢してねー!

ホテルは確保出来て、バスは順調に走り、郡山駅に到着しました。
バスを降りるときに運転手さんに 「雪の影響で新幹線に乗れなかった証明書はいただけるんですか」 って聞いたら、駅で聞いてくださいって。
相方君は 「明日でも大丈夫だよ。もうホテルに行こうよ」 と言うけど、明日の新幹線にちゃんと振り替えて貰える証明を貰うまではヤダ!と言って、新幹線乗り場に行きました。

改札ではすでに同じバスに乗っていたと思われる人が駅員さんにいろいろ尋ねてました。でも、郡山駅では会津若松からの情報が入ってないらしく駅員さんの対応がしどろもどろ。
「会津若松でも代行バスに案内されただけで、他の説明がなかった」と言っていたので、その通りです!って言って便乗しましたw

しばらくすると情報が来たらしく、バスに乗ってきた人が一カ所に集められて、そこから在来線に乗る人、新幹線に乗る予定だった人に分けられました。
駅員さんに 「もう郡山でホテルは取ったから、明日の新幹線に振り替えて貰えるという証明がほしい」 と言ったら、なんと新幹線に乗る予定だった人には JR 側でホテルを取りましたって。

そういうハナシはされなかったので、自分たちで取っちゃったよって言ったら、予約したホテルに駅員さんが電話をしてくれてハナシをした結果、そのホテル代を JR が払ってくれることになったのでした。電車が止まったときは、こんなふうにホテルを用意してくれるものなのかな?それとも、新幹線に乗る人が 5 組だけだったから用意してくれたのかな?謎です。

駅員さんと、私たちが予約したドーミーイン郡山に行き、駅員さんはそこでホテル代をお支払い。「明日の新幹線への振り替えは?」 って聞いたら、もう話は通っているので大丈夫です。明日改札に来てくださいと言われました。私たちの名前と携帯番号を教え、念のため駅員さんの名前を控えて、私たちは部屋に行きました。

Y317938333.jpg
【ドーミーイン郡山のサイトより拝借】

確保できた部屋は喫煙ルームでした。
致し方なし・・・でも部屋にタバコの匂いはしませんでした。

ふーん、ビジネスホテルってこんな感じなんだねー。相方君には普段泊まりたがるホテルが贅沢すぎるの!って怒られちゃったw
ドーミーインって後で調べたら、なかなか評判の良いビジネスホテルなんだね。
大浴場があるところも多いみたいで、朝ご飯も美味しいらしいです。素泊まりじゃなくて朝食付ければ良かったなw

大浴場に行ってみたら、めちゃめちゃキレイでビックリ!
いっぱい歩いたし体も冷えてたから、ゆったりお風呂に入れて良かったー。ドライヤーも化粧水も付いていたので助かりました。

Y317938046.jpg
【ドーミーイン郡山のサイトより拝借】

部屋に戻って寝たのですが・・・
隣で寝てる相方君のイビキで寝られん(笑) 普段は別々に寝てますからねw
それ以上に、布団の匂いがダメだったー!^^;

おそらくタバコの匂いを消すための消臭剤の匂いなんだろうけど、めちゃめちゃ人工的なフローラルの香りで、すごいダメ。苦手でした。

困ったわ。これじゃ寝られん・・・どうしよう・・・と悩んで閃いた!
自分が着ていたニットを顔にかぶせて寝てみました。ちょっと息苦しいけど慣れた匂いなので気が紛れます。
あおがシャンプーをしたあと、私や自分の匂いがしみ込んだストールに顔を埋める理由が分かった気がする(笑)

朝です

相方君はぐっすり寝て朝を迎えたようですが、わたしは一時間くらい寝られたかな?w
まあ家に帰ったら自分の布団で寝るからいいや。

駅

支度をして郡山駅に行き、新幹線の振り替えをお願いするとスムーズに手続き完了。7時30分の新幹線で上野に帰るよー。

あわただしい

どうせなら観光もしたかったけど、お腹を空かせたあおうみが待ってるからね。

のるぞー

朝早いだけあって、ガラガラの車内w

空いてます

駅で買ったお弁当が朝ご飯。牛タン食べたかなったなー。
それはまたの機会だね^^

ずっしり

こんなかんじ

最後にハプニングがあったけど楽しい旅行だったな。
タダでホテルに泊まれたのもラッキーだし、ビジネスホテルも選べばキレイなところがあるって分かったしw
相方君は、今度から出張ではドーミーインを利用しようって言ってましたw

新幹線の中から見た富士山。くっきりキレイだったよ。

おはよー

そして自宅到着は 9 時 30 分!
あおー!うみー!ごめんねー!

そわそわ

2ニャンは元気に出迎えてくれました。
でも、カリカリのケースは倒されていた・・・お腹空いたよね^^;

ごめんよ

ゴハンをあげると、うみは凄い勢いで食べてましたが、あおは 「ボクまだいらないー」 って。きっとお皿に入っていたカリカリはあおが独り占めしたに違いないと、うみの食べっぷりを見て確信したわ。

こうして日帰りが一泊になった旅行は終了。
長々書いてスミマセン。今回買ったおみやげはコチラ!

キューピーちゃん

鶴ヶ城QPちゃんがコレクションに加わりましたー。
おちょこは、慶山焼のもの。早くコレで日本酒飲みたいなw

今回のトラブルは、Web ニュースに載ってたわw

新聞

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リストランテルーチェで豪華ディナー [福島]

鶴ヶ城をあとにして向かったのは、会津若松駅からタクシーで5分くらいのところにある 「リストランテルーチェ」 というイタリアンのお店です。

外観

もともとは銀行だったという建物だけあって重厚な造りです。
おにぎりあたためますか」 という北海道のローカル番組でこのお店を知ったのよ。この番組はわたしの好きな大泉洋&戸次重幸のグルメ番組だからねww

ちょうど会津若松に行くと決めたときに、一年遅れで東京で放送してるこの番組でナイスタイミングの会津若松情報。これは行くしかないでしょう!ってことで予約したのでした。

うおー!

なんてオシャレな店内なの♪
気分はどんどん盛り上がりますよー!ちなみに地下はワインバーなんだとか。

この席ね

今回は、コース料理を予約しておきました。そしてその料理1品につき、1種類のワインが付くというプランを選んだの^^
お料理に合うワインが飲めるんだね。楽しみだなー。

テーブルもオシャレに飾られてます。

素敵でしょ

まずは ROTARI というスパークリングからスタート!
今日も一日お疲れ様でした。かんぱーい!

スッキリ

きりりと辛口のスパークリング。それに合わせるお料理は会津産野菜のバーニャカウダです。お野菜もとっても味が濃くて、めちゃめちゃ美味しい。そしてバーニャカウダのクリーミーなこと♪

絶品

お次のワインはこちら。カーサ・ダンブラ社のワインで、ビアンコレッラという品種の白。ミネラル感のあるワインだった・・・記憶がww

おいしい

そしていただくお料理は、チーズで作られたビスケットのようなものにマグロを乗せて。そしてふんだんに掛けられた黒トリュフ。めちゃめちゃトリュフの良い香りがしますよ!
口の中にもトリュフの香りが広がって幸せ。

ひろがる〜〜

ワイン3種類目はフォンタナフレッダのワインで品種はアルネイス。知らない品種だよー。

軽い感じ

まろやかな口当たりのワインといただくお料理はコチラ!
え? イチゴ?

不思議

大きなとちおとめに、生ハム。そしてイチゴの間にはモッツァレラチーズが。この3種類をぜひ一緒に食べてくださいということなので、こんな感じにしていただきますよ。

わお!

なにこの絶妙なバランスは!
イチゴの甘酸っぱさに、生ハムの塩気、それをモッツァレラチーズ包み込むよ。こんな料理初めて食べたよー!めちゃめちゃ凄いです、ここのシェフ!!

次のワインは、先ほどと同じくフォンタナフレッダのワイン。品種はシャルドネです。このワイン面白かった!ピンで飲んだときは、シャルドネ感があまり感じなくて不思議な味わいのワインだなーって思ったの。でも料理と合わせると、シャルドネになる(笑)

これ面白い

そんなお料理はホワイトアスパラです。アスパラの下に見えるのは卵黄ソース。
いやはや、もうね 「おいしい」 しか言えないくらい美味しいよ(笑)

おいしい

この後の料理も楽しみになるよ。続いてのワインはファットリア モンド アンティコのワイン。品種はこちらもシャルドネです。このシャルドネはハーブっぽい香りがして面白いな。

美味しいワイン

ここでパスタが登場です。なにこのハマグリの大きいこと!!
ハマグリ大好きなのよね^m^
麺がしっかりしていて食べ応えがあります。すごく好みの麺だな。ハマグリの出汁がきいていて本当に美味しい。

うますぎる

此処からワインは赤になります。サン・ミケーレ・アッピアーノ社の品種がピノ・ネーロのワイン。そのまま飲むと少し軽いかな?って感じるのですが、料理と合わせると引き立つよ。

うふふ

料理はコチラ!椎茸がたっぷりのスープなのです。
入っているのは穴子ちゃんだよ。めちゃめちゃ旨みとコクがあって絶品!!

素敵

ワインと椎茸スープと穴子、お互い邪魔しないで楽しめるなあ。すごいなあ〜

嬉しいね

「この椎茸ですよ」って運ばれてきた椎茸の大きいこと♪♪

じゃじゃーん

肉厚でしょ。噛むと旨みがじゅわーっと広がるんだから^^

最高

最後のワインはコチラ。ニーノ・ネグリ社のワインで品種はキアヴェンナスカ (ネッビオーロ) です。ラストを飾るにふさわしい重厚な感じのワイン。

ラストを飾る

そしてお料理は牛ちゃん。
非常に柔らかくて噛んでいるとお肉の旨みが出てきます。マジで幸せ。

ごちそうさま

デザートはシャーベット。とちおとめだったかな?
口の中がさっぱりします。

これもいいね

エスプレッソを飲んでリラックス。

絶品でしたわー

本当にどの料理も素晴らしかった。めちゃめちゃ気に入っちゃいましたよ。
会津若松駅まで行くタクシーを呼んで貰っていたので、お会計をしてお店を出ます。良いお店だったなー。このお店に来るだけのために会津若松に来ても良いねって相方君。ぜひぜひ連れてきてー!

こうして会津若松の旅は終わり、駅に向かいました。
さあ、いよいよ大雪の影響の始まりです(笑)

---------
リストランテルーチェ (ristorante Luce)
0242-23-1727
福島県会津若松市大町1-9-8
https://tabelog.com/fukushima/A0705/A070501/7010103/

うみ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鶴ヶ城はキレイなお城でした [福島]

タクシーに乗れたおかげで 16 時に鶴ヶ城に到着!
嬉しいなー。やっぱり会津若松に来たら、鶴ヶ城は見たいもんね。

てくてく歩くよ


鶴ヶ城の赤瓦、格好いいんだよね。
昔は関東地方で作られた黒い瓦が使われていたんだって。でも北国では、瓦内にしみ込んだ水が凍って瓦が割れちゃったようです。そこで鉄分を含んだ釉薬を施した瓦が使われるようになったんだそうな。この鉄釉が塗られた瓦は焼くと赤茶色っぽくなるので、赤瓦と呼ばれてるのです。

その赤瓦を楽しみにしてたけど・・・雪で見えない!(笑)

ご対面

ちなみにこんな色です。
そして此処、鶴ヶ城が日本唯一の赤瓦天守閣なのだ。

鶴ヶ城
会津若松観光ビューローより画像拝借】

でも、写真では分かりづらいけど、少しだけ見える赤色が雪に映えてキレイでしたよ。そして雪で白いお城もとってもキレイ。どことなく姫路の白鷺城を思い浮かべちゃうわ。(まあ、白鷺城のほうが千鳥破風が多くて派手だけどw)

余すとこなく

いろんな角度からパシャパシャww

そろそろ入ろう

さあ、天守閣にも行かなくちゃ。
城内は基本撮影禁止でしたが、フロアによっては撮影 OK の場所もありました。地下の塩蔵 (食料庫) は OK だったのに撮ってくるの忘れちゃった^^;

展示物は撮影ダメだったけど、このフロアは大丈夫だったので雰囲気だけでもパチリ。

こんな感じ

五層の天守閣に到着です。
さあ、どんな景色が広がっているのかな。

到着~~

あははは(笑)
一面、水墨画の世界だーー!さすが北国!ww

じゃじゃーん

本当は遠くまで見渡せるんだろうねー。ココロの目で見ることにするよ。
お城の前の庭には「あいづ」とかかれたものが。あとで見てみたら、ロウソクを灯す器でした。

可愛いね

屋根にはつららも。
あー、久しぶりに見たなあ~。つらら^^

ぺろぺろしたらダメよ

鶴ヶ城内にはお土産屋さんがあったので、そこでお土産を物色。その奥に、復元された南走長屋があったので、そっちも覗いてみました。江戸時代の人の平均身長と背比べ。わたしの方が若干高いぞ!w

平均身長は 156cm だそうです。

背比べ

当日買われていた銃の半分の重さの銃。
それでも結構重たかったです。

構えー!

面白かったよ。鶴ヶ城^^
外に出ると、ちょうど 「会津絵ろうそくまつり」 の点灯式が行われてました。日が暮れると幻想的な景色になりそうだね。

ここにろうそくが灯されます

なんかね、会津若松市公認のキャラも居た(笑)
会津侍、若松っつんって言うらしいww

きもかわ・・・じゃないなw

ろうそくが灯されてキレイだよ。

ずらり

温かい気持ちになるねえ^^

ほっこり

雪に埋もれたこの瓦燈にも、ろうそくが灯されるんだろうね。
係の人がつけ始めていました。

瓦燈

この瓦燈。何焼って書いていたかなあ。
会津本郷焼だったかな。(うろ覚え)

かわいいでしょ

さて、これにて会津若松観光は終わりです。
じつは今回のメインイベント!会津若松で美味しいイタリアンを食べるのだ^^
歩いてお店に行けば、ちょうど 18時の OPEN に間に合う予定。相方君が雪道で転ばないようにゆっくり歩いて行きますよー!

つづく。

-------
会津絵ろうそくまつり
http://www.aizu.com/erousoku/

第18回は 2017年2月10〜11日開催だったみたい。
ちょうどタイミングが良かったんだね^^

あおくん

うみちゃん

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

さざえ堂を見ましたよー [福島]

飯盛山にあるさざえ堂 (旧 正宗寺・円通山匝堂 そうどう ) は、寛政8年(1796)に郁堂和尚が考案建立したものなんだそうな。

ででーん

六角3層の仏堂で、昇降が別々の螺旋型通路ですよ。
初めてここを訪れたときは、あまりにヘンテコな建物で面白いなーって思いました(笑)

唐破風

一方通行で上下する日本唯一の建築なんだって。世界でも例を見ないそうな。
相方君は、さざえ堂は初めてだって言ってました。

中に入ります

中に入ると、途中途中にこうした絵額があります。

パチリ

昔は三十三観音を安置してたらしいんだけど、明治以降は皇朝二十四孝(会津藩道徳教本)の絵額を掲げているんだって。
おそらく廃仏毀釈の影響だろうね^^;

どんな教えなのか、絵を観ても私には分かりませんでした。

ずんずん上っていきましょう!

レッツゴー!

昔。三十三観音を配置していた頃は、堂内を進むだけで巡礼が叶うようになっていたんだって。今は観音様がいないから、あまりありがたさは感じないかな?(笑)

ぴーす

絵額を見ながら進んでいくと、頂上が見えてきたよー。

到着~

この頂上の太鼓橋を渡って、今度は下りです。

つぎは下るぞ

螺旋状の構造にするのを思いついたのは凄いなあ。
しかも上る人と下る人がすれ違わないんだもん。面白いね。

くだり

さざえ堂を出て、飯盛山をあとにします。行きはスロープコンベアで上ってきたけど、帰りは自分の足で降りなくちゃいけません。ここで靴底がツルリとした靴を履いてきた相方君は、 「あああー」 と言って尻餅。そのまま少し坂道を下ってしまいます^^;

こ・・・これは危険だw
この先、相方君は何度も転ぶことになってしまうのですが・・・^^;

さざえ堂から降りてくると厳島神社があって、その奥に戸ノ口堰洞穴があります。

戸ノ口堰洞穴

もとは猪苗代湖から水を引くために採掘されたもので、白虎隊士は此処を通って飯盛山へ辿り着いたんだって。
つるつる雪道で滑って転びながら歩く相方君。私が持ってきた杖を貸してあげたけど、杖の高さが合わないみたいで役に立たなかったわ ^^;

周遊バス乗り場に戻る途中で、タイミングが悪くバスが行ってしまいました。
次のバスを待っていたら、鶴ヶ城は閉門してしまいます。でも流しのタクシーが来る気配は無し。そっかー、東京と違ってタクシーは走ってないんだね(T^T)

かなしい

七日町駅で途中下車しないで、まっすぐ会津若松駅から飯盛山に来ればバスに間に合ったんだろうな。失敗したなあ・・・いっそ鶴ヶ城は諦めて、慶山焼 (会津若松で唯一の窯場) のお店で食器を物色しようかしら・・・などと考えていたら、なんとタクシーが1台やってくるじゃありませんか!

運転手さん、「タクシーを待ってるのかい?」 と声をかけてくれたので 「お願いします!」 って言って乗り込みました^^
これで鶴ヶ城に間に合うよーーー!

めちゃめちゃ話し好きの面白い運転手さんで、北海道の美深という土地のハナシで盛り上がり、若干意気消沈気味だった私と相方君はすっかり元気になりました。運転手さんありがとう!

次回は鶴ヶ城の写真を UP します^^

++++++ おまけ +++++++
さざえ堂もくるくるだけど・・・

うみちゃん

うみの体もくるくるしてます(笑)

くるくるくる

あおは切り株の中で丸くなるよw

あおは、くるくるじゃないね

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -